フライングドクターシステム NIMAS

最新情報
 

運休のお知らせ


こんにちは、NIMAS運航調整室です。

516日に沖縄・奄美地方が梅雨入りしました。長崎県も5月は前線や気圧の谷の影響で不安定な天気が多くなっています。平年どおりであれば、あと1週間ほどで梅雨入りとなります。

NIMASは年1回義務付けられております「耐空検査」に伴う点検、整備のため、62日(木)からしばらくの間、運休とさせていただきます。
運航再開は7月上旬~中旬を予定しております。詳しい再開時期などは改めてご案内いたします。

                      (過去の耐空検査)

 また、耐空検査に併せて、装備品であるエマージェンシーフロート(緊急着水時の浮き輪)の製造後60ヶ月の点検、整備を実施いたします。NIMASで使用している機体(ベル式429型)は、人員輸送用のため、他の医療用ヘリに比べ、特別な装備はありませんが、離島への洋上飛行がメインのため、このフロートが唯一の特別装備品と言えるかもしれません。年一回義務付けられております「耐空検査」に伴う点検、整備のため、119日(月)からしばらくの間運休とさせていただきます。詳しい運休期間などは改めてご案内いたします

 エマージェンシーフロートの点検、整備は海外で実施するため、耐空検査よりも期間を要します。このため、耐空検査後、しばらくの間はフロート非装備での運航を予定しておりますが、航空法上、運航に制限が掛かる地域もあるため、航路変更等の対応を検討しています。


耐空検査及びフロートの点検期間中は、関係機関の皆様にご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。